名義変更しているかが肝

硬貨

金融車とは、ローンが返済できていない状態で流通している車をさします。安全なものと危ないものがあり、名義変更可能かどうかで見極めることができます。名義変更ができないものは安くてもリスクが大きいので手を出さない方が無難です。

詳しく見る

相場価格を交渉材料にする

男性

自動車を高値で買取したい、と考えている方は相場を始めに調べておくと良いでしょう。相場ではお持ちの自動車の平均買取価格を調べる事が出来るので、安く売ってしまう失敗を未然に防ぐ事が出来ます。また、相場を知っておく事で交渉もしやすくなります。

詳しく見る

有名な大手会社に売却

バイク

やはり少しでも高い金額で売りたいのであれば、有名な大手中古車販売業者に連絡して買い取ってもらうのが一番です。バイク回収業者に少しでも高く買い取って貰うためには、足回りやボディーを綺麗に磨いてメンテナンスしてから査定して貰いましょう。

詳しく見る

査定は中古業者に依頼する

お金

車を売却する時にはディーラーよりも専門の買取業者の方が高い査定額がつきます。このような業者は中古市場のオークションに出すので、人気の車種は高く買い取ってくれます。その際に所有権の移転や、保険料が戻ってくる諸手続きなどをサービスでやってくれます。売却する時は持ち込むだけでいいのです。

詳しく見る

修理せずに売却しよう

自動車

事故車であっても高額査定を行うのが、事故車を専門とする買取サービスです。海外に販路を持っているため、事故車であっても価値ある資産として査定してくれます。出張費用と引き取り費用を比較することで、より多くの現金が手元に残るでしょう。

詳しく見る

修復歴車の買取

自動車

買取前に行う事とは

事故を起こしたから事故車と呼ばれるとは限りません。その修理した箇所によって事故車が決まるのです。事故車は正しくは修復歴車と呼ばれます。修復した箇所が車の骨組みの部分にあたるフレームやダッシュパネル、ピラーなどの場合は修復歴車になります。それに対してフロントガラスやバンパーなどの交換は修復歴車とはならないのです。そのため事故車だから査定も安くなると安易に考えてはいけません。修理箇所によって事故を起こしていない中古車と変わらない査定額になることもあるのです。そんな事故車を買取してもらうには事前の準備が必要です。まず車検証と自動車納税証明と自賠責保険証を用意しておきましょう。これらの書類は査定には必要な書類となります。また査定の印象をよくするために小さな傷やヘコミなどを修理する場合もあります。しかし場合によっては修理代が査定額より高くなることもあります。オンライン査定などで事前に相場を調べて修理をするか判断したほうがいいでしょう。傷や破損箇所があっても買取前には洗車をしておくことも大切です。汚れた車よりもきれいに洗車している車の方が査定者の印象は良くなります。買取前にはカーナビやアルミホイールなど手元に残しておきたいオプションのパーツを取り外しておくことも忘れないようにしましょう。もちろん査定の時にこれらが必要なことを業者に伝え、引き取りの時に取り外してもらってもかまいません。以前は事故車の買取価格は事故を起こしていない車に比べてかなり低いことがほとんどでした。しかし今は事故車専門の一括査定などに申し込みをすれば高額買取になることも多くなっています。