査定は中古業者に依頼する

お金

所有権移転などのサービス

車を売却する時に最も多いのがディーラーに引き取ってもらうケースです。新車に買い換える時に中古の買取査定をして、その金額を新車購入代金から差し引くというやり方です。なぜこの売却方法が多いかというと、売却に関する手続きなどを全てディーラーがやってくれるからです。ただしディーラーの査定額は一番低いというのが常識です。中古車専門の買取業者に売るのが、最も査定額が高くなります。このような業者は買い取った車を中古市場のオークションへ出すので、車種によっては相場よりも高く買い取ってくれます。例えばオークションで人気のある車などは、ディーラーへ持ち込むより中古専門業者の方が有利です。このような業者の場合でも、売却する時の諸手続をやってくれます。例えば所有権の移転などの手続きなどです。車には自動車保険がかかっていますので、途中で売却すると納めた保険料の残金が帰ってきます。そのような手続きもサービスでやってくれます。売却する時は少しでも高い値段で売りたいものですが、最低限やることは車内の煙草の匂いを消すことです。匂いがついていると査定額が低くなります。またボディが汚れている場合は水洗いして汚れを落としておくことが重要です。ただし細かい傷などは自分で補修しないで、そのまま査定してもらった方がいいのです。業者は修理の専門家でもあるので、小さな傷や凹みはへたにいじらない方が修理しやすいのです。ネットの一括査定を利用すると、査定額の高い業者を見つけることができます。