名義変更しているかが肝

硬貨

取引時の注意

金融車とは、車のローンが残った状態で流通している車のことをいいます。金融車は車の状態が悪くないのに格安で流通していることが多く、購入したいと思う人も少なくないのですが、実は取引すべきでないタイプの金融車も存在します。見極める時のポイントは名義変更できるかできないかです。安全な金融車とは、自動車ローンを組んでいる会社がそのまま引き取った車のことをいいます。自動車ローンが返済できないという理由で、担保権を行使して引き取った車となるので、名義はローン会社に移ります。ローン会社は名義人として車の売買を行うことになるので、新しい購入者が現れたら当然に新しい購入者に名義を変更します。つまりは普通の中古車と変わりない車なのです。この場合は安心して取引することができます。危ないのは自動車ローンを組んだ会社以外に引き取られた金融車です。これは、自動車ローン以外にも借金があり、車を担保にしていたたため、ローン完済前に担保としてとられたケースなどがあります。この場合、ローンの返済が滞っているので、実質的な名義は自動車ローンの会社にあり、引き取った会社から別の購入者に売買されても名義変更ができません。名義変更ができないと保険加入や車検などにも差し支えます。このようなタイプは中古車相場よりさらに安いことが多いのですが、それに見合わないリスクが存在します。たとえ安くても、こうした金融車には手を出さない方が無難です。